不当な高金利での借入契約

不当な高金利での借入契約は無効であります。

無効と言っても借入契約自体が白紙になるわけではありません。

利息制限法で定められている利息の上限を超えている部分はカットしてもらう事が出来るという事です。

またこの場合、過払い金返還請求を行えば払いすぎた分の利息相当分を返してもらう事が出来るのです。

利息の大幅なカットと利息相当分の返還が行われれば、場合によっては借金が帳消しとなる事もあるのです。

利息制限法を越えて利息を支払っているという事に気づいていない方は非常に多いのです。

手続きを行えば借金を大幅に減額できる可能性があるのにそれでは払い損となってしまいます。

この債務整理の方法は借金完済後10年以内であれば行う事が出来ますが

今まさに借金返済に苦しんでいるという方は、返済中に手続きを行うべきであります。

借金返済中の過払い金返還請求は他の債務整理の手続き同様、信用情報機関に登録されてしまいます。

ですが借金を大幅に減額できるのであればそれはリスクとはならないのです。 債務整理 浜松|相談無料の静岡借金相談センター  http://ekrasota.com

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ